日に日に存在感を増していくハサミ / scope別注 Fiskars ハサミ (クラウス・ハーパニエミ)M

月に何回買い物をしますか。

週に何回webでポチりますか。

今日から始まったAmazonプライムのセール、

ダンボールは何箱届く予定ですか。(現時点で2箱4商品です・・・)

 

f:id:starpenguin:20170710195651j:plain

タグを切ったりダンボールを切ったり、

意識してみると、ハサミを使うシーンはとにかく多い。そして増えていく。

 

文房具大賞を取ったものであったり、切れ味抜群のものであったり、色々と試しましたが、私はこのハサミに落ち着きました。

 

とにかく目立つので、すぐに見つけやすい。もちろん使いやすい。日に日に依存していっています。

 

f:id:starpenguin:20170710200147j:plain

このご機嫌な柄!!かわいい、見つけやすい、目立つ!!目立つんですけど、他のモノと喧嘩しないのは何故だろう。まず、左右で柄が全く違うのに、成立しているデザインが凄い。もう語彙が追いつきません。ハサミを語るのに語彙を失ったことってありますか?

 

f:id:starpenguin:20170710200612j:plain

半年以上、主にガムテープを切りまくり、少し糊がついてしまいましたが、切れ味は相変わらず抜群です!

 

それはさておき、「FISKARS」とは、なんと1649年創業の老舗ハサミブランド。金属と樹脂を組み合わせた一般的なハサミの原型を発明した、偉大な存在。

 

やっぱり、餅は餅屋ですね。

 

f:id:starpenguin:20170710201036j:plain

フィンランドのブランドです。色温度低めの雰囲気がとにかく似合う。

 

自分の身の回りにあるモノで、一番カラフルなのはこのハサミです。一番使用頻度の高い道具が、一番カラフルって、楽しくて良いですよ。

 

 

▼Scope web本店 別注に至るまでのストーリーなど、読み応えたっぷりです。

www.scope.ne.jp

 

▼こちらは別注でない、オーソドックスなもの。

FISKARS "Functional Form" | AssistOn